ビーチシックタオルのある暮らし

ビーチシックタオルで、毎日がもっと楽しくなるヒントのご提案

【大人のイタリア美食旅】初めてのイタリア・ミラノ観光のコツ

 f:id:thebeachchic:20190628104611j:plain

こんにちは。

新感覚ビーチタオルの専門店「ビーチシック」です。

 

イタリア旅行に行ってきましたが、

初めてのイタリア、事前に検索しても情報が少なく、

でもネット情報をたよりに、ミラノ観光してきました。

 

スリに気をつけて、という話を嫌というほど聞いてきたので、

イタリア着いた時からドキドキで^^;

戸惑いだらけのミラノ観光でしたが、

そんな初心者のミラノ観光をシェアしておきたいと思います。

 

【目次】

 

今回の旅の目的

今回旅したのは、北イタリアのピエモンテ州。

かつて、イタリアでイタリア人にイタリアンを教えていたという、

イタリア在住歴10年の友人が中心の、大人のイタリア美食ツアーです。

現地集合現地解散のため、

私は前泊し、翌日の集合時間までは、1人でミラノ観光することに。

 

夜遅い到着なら空港近くのホテルがおすすめ

私は、成田ーウィーンーミラノマルペンサ空港のルートで、

到着が夜の22時過ぎ。

ここからさらにミラノに移動するのはきついし、危険かも…ということで、

マルペンサ空港目の前のホテルに前泊しました。

 

f:id:thebeachchic:20190628110014j:plain

おしゃれなビジネスホテルといった感じで、

壁もこんな↓

f:id:thebeachchic:20190628110036j:plain

 

カフェとフロントが併設されているので、

空港のお店が閉まっていても、

水を買ったり、ごはん食べたりもできます。

 

マルペンサ空港からミラノ中央駅まではシャトルバスが便利

さて。

マルペンサ空港からミラノまでは、電車もバスもあります。

いきなり電車は怖かったので、シャトルバスで行くことに。

このシャトルバスを、寝る前にネット予約しました↓

 

空港からミラノ中央駅まで直結、50分。片道8ユーロ。

スーツケースを持っていく場合も、シャトルバスだと気楽ですよね。

 乗り場には係りの人がいるし、乗客は観光客ばかりなので、安心でした。

 

さあ、やっとミラノで初朝食!地元のカフェでクロワッサン。

f:id:thebeachchic:20190628170510j:plain

ミラノ中央駅に着いたのが朝の9時くらい。

前日ネットで調べておいた、ミラノ中央駅から歩いていけるカフェへ。

(参照)ミラノ中央駅から徒歩5分、ベーカリー直営のバールで朝食 | 伊号

 

f:id:thebeachchic:20190628171122j:plain

アプリコットジャムの入ったクロワッサン。

イタリアのカフェの定番なんですが、これが食べてみたかったんです。

甘酸っぱくて、おいしかったです!!

以後、イタリア滞在中は、この組み合わせが定番朝ごはんとなりました^^

 

一日乗車券をゲットしたら、まずはドゥオモへ!

f:id:thebeachchic:20190629014840j:plain

朝ごはんを食べたら、ミラノ中央駅に戻って、

自動券売機で、24時間乗車券を購入しました。

地下鉄、バス、トラムが自由に乗り降りできて、4.5ユーロです。

 

f:id:thebeachchic:20190628230750j:plain

ドゥオモは、ミラノ中央駅から、地下鉄の3号線、黄色いラインに乗って、

ミラノ中央駅から四つ目。

地下鉄を上がると、この景色が目の前に広がっています^^

 

ドゥオモ観光のポイント

f:id:thebeachchic:20190629014648j:plain

ドゥオモを見てまわるには、いろんなコースがありますが、

私は、エレベーターで屋上に上がるコース。

f:id:thebeachchic:20190629015139j:plain

チケットを買うまでに並んだり、

エレベーターに乗るのに並んだり、

見学以前に思ったより時間がかかりましたので、

ドゥオモの屋上まで行く予定の方は、

時間に余裕を持っていくことをおすすめします^^

 

f:id:thebeachchic:20190629015349j:plain

大聖堂の中も、ステンドグラスが美しく、見ていて飽きないです。

とても広いので、大聖堂の中も、みどころがたっぷり。

 

f:id:thebeachchic:20190629015505j:plain

床も素敵。

 

トータルで2時間くらい、過ごしたでしょうか。

12時を過ぎたので、ランチにすることにしました^^

 

イタリアで人生初イタリアン♪ 町の小さな食堂で、ひとりランチ。

f:id:thebeachchic:20190629020127j:plain

お昼は、ドゥオモ近くで食堂を検索し、地図を頼りに、

魅力的な小さな通りを歩いて10分ほど。

たどり着いたのがこちら↓

 

f:id:thebeachchic:20190629020819j:plain

小さな食堂で、13時過ぎると満席でした。

 

英語のメニューはないとのことで、

店員さんと相談しながら(ほぼ勢いで)決めたメニューがこちら↓

f:id:thebeachchic:20190629021012j:plain

野菜を全然食べてなかったので、

サラダの文字を頼りに、オーダー。

ちなみに、イタリアにドレッシングというのはなくて、

オリーブオイルと塩、バルサミコ酢をお好みでかけて、いただくスタイルです。

 

f:id:thebeachchic:20190629021201j:plain

チーズリゾットです。

サラダと同時に出てきてびっくりしたけど、

量が多すぎず、食べやすい味でした。

 

f:id:thebeachchic:20190629021335j:plain

各メニューの量が多すぎず、デザートにたどり着けました!

で、イタリアと言えばのティラミス。

クリームがふわっふわで、軽い食べ心地で完食。

 

「あー、私は今、イタリアでイタリアンを食べている~」

と不思議な感動に包まれて、ランチ終了^^

 

午後はひたすら街歩き♪ 歩くだけで飽きないミラノの街

f:id:thebeachchic:20190629022222j:plain

ミラノでは、買い物は目的ではなかったので、

バスの時間までは、ひたすら散策。

f:id:thebeachchic:20190629022346j:plain

通りがどこもかわいくて。

ミラネーゼは、雑誌で見たイメージ通り、おしゃれで、

スーツのびしっと似合う男性たちも、見ているだけで気持ちいい^^

 

地図に頼らず、

とにかく、気の向くままに、歩きまくり。

f:id:thebeachchic:20190629022816j:plain

途中、ドゥオモ近くのアーケード街、

ガレリア・ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世(長い名前💦)

にある、老舗のカフェで休憩。

 

歩き疲れて、たまたまたどり着いたのですが、

創業200年、今はプラダ傘下となったカフェ、

パスティッチェリア・マルケージは、

超好みの世界でした💛

 

f:id:thebeachchic:20190629022652j:plain

カラフルでかわいい、魅力的なスイーツがいっぱい!!

 

f:id:thebeachchic:20190629022735j:plain

暑かったので、アイスカプチーノを。

f:id:thebeachchic:20190629022943j:plain

インテリアもレトロでかわいい。

そうそう、ラデュレと同レベルのかわいさで、

もっと落ち着いた雰囲気でした。

 

レトロなトラムでミラノを一気見!

f:id:thebeachchic:20190629121126j:plain

歩き疲れ、バスまでの時間を持て余した私は、

街歩きで気になっていた、

レトロでかわいいトラムに乗って、街を巡ろうと思いつきました。

 

1番のトラムは、トラム自体もレトロだし、

スカラ座前などを通過するルートも素敵。

 

ミラノ中央駅近くにも停車するというので、

とにかく疲れたから、終点まで行って折り返してこようと思い、

ただただ、トラムに揺られて、ミラノの街を眺めていました。

(参照)イタリア・トラム探索の旅

 

ただ、終点まで行ったら、すぐには折り返さず、

その前のトラムに乗り、

「セントラルステーションに行きたい!」と言ったら、

近くにいたおじさんが「おれに任せろ」というゼスチャーをしてくれて。

私が、トラムが停まるたびにきょろきょろすると、

「大丈夫だから」「まだ待て」というゼスチャーを送ってくれ。
(言葉を交わさなくても、なぜか会話が通じてた💦)

 

降りる駅で、おじさんが一緒に降りたから、

「えー、そこまではいいよー💦もしかして危ない?」とか思ったけど、

おじさんは、中央駅の目の前のホテルで働いてるとのことで、

本当に途中まで一緒だったので、大丈夫だったんですね^^;

 

親切なおじさんに感謝です。

 

ずっと心配だった、スリや物売り、実際のところどうだったか。感想。

おじさんのおかげで、ミラノ中央駅まで到着し、

シャトルバスに乗って、マルペンサ空港まで無事帰ることができました。

ミラノ観光の終了です。

 

さて、イタリア旅行経験者のみなさんが、

口をそろえて「スリに注意」というので、行くまでずっと不安でした。

本当に危なかったのか、個人的な感想を。

 

私が特に気を付けて実行したのは以下の通り。

◎バッグはチャックのついたものを斜め掛けにして、体の前で持つ。

◎スマホはストラップ付きにして、写真撮ってる時に奪われないようにする。

◎ミラノ中央駅は一番危ない、と言われていたので、他の旅行客の後ろにくっついて、まぎれる作戦。

◎道端で、マップのチェックはしない。カフェなどで、次の目的地を確認してから出発する。

◎のんびり歩いてると取り囲まれやすいと聞いたので、基本早歩き。

◎あやしい人に声かけられても基本無視。

 

結果、イタリア滞在中、スリや危険な目にあうことはなかったです。

が、イタリア在住の友人には、その後も何度もバッグに気を付けるようにとアドバイスされたので、油断は禁物のようです。

 

また、その後美食旅に一緒に参加した男性も、

1人でミラノに前乗りしたのですが、

ミラノ中央駅で、いきなり腕にミサンガを巻かれ、お金を要求されたとのこと。

ユーロがない、というと日本円でいいからよこせと言われたそうです。

 

また、シャトルバスの周辺には、荷物持ちをしようと、

カートを持った人が観光客に声かけていましたので、

こういう人はガン無視するのが一番だろうな、と思いました。

 

ほんと、心配しすぎて、最初は怖かったですが、

実際は、トラムのおじさん以外にも、

親切にしてくれた人もまたたくさんいたので、

油断しないで、イタリア旅行を楽しみましょう!

 

以上、ミラノ観光レポートでした。

 他にもお役立ち情報をレポートしていきます。

 

::本業はこちら::

旅好きの必需品、ビーチシックタオル

 

::タオルの魅力は動画でチェック::