Beach Chic Life Blog

ビーチタオル専門店ビーチシックのブログ

【水際ファッション2017】ママだって思い切りビーチで遊ぶための必須タオルと、そのワケ。

https://www.instagram.com/p/BSvGVSWD4yJ/

フーテンの寅さんにあこがれつつも、

この夏のイベントを乗り切れるか不安になり、とりあえず筋トレをはじめてみた、

アラフォービーチタオル屋さん「ビーチシック」です。

 

心配なのは、体力だけではありません。

これから夏に向けて、ビーチイベントもあるというのに、

水着になる準備が・・・できていません;;

 

『VERY』の特集が私の心強い味方♪

そんな私が、毎年楽しみにしている雑誌『VERY』の特集が、

「ママの水際ファッション」!

 

VERY編集長のコラムでも取り上げています^^

 

小さい子がいると、トイレに行く時間すらままならず、自分の体のケアやお手入れをする時間がない!

なのに、子供が生まれてからのほうが、海やプールに行く機会が増えてるし!

しかも、行くとがっつり1日中遊ばないといけない、覚悟と気合の子連れビーチ。

 

水際ファッション特集には、そんなママの気持ちに寄り添いつつも、苦労を見せない、おしゃれな解決策がたくさんあるので、本当に頼りにしています^ ^

 

ビーチシックタオルも、

ママの水際ファッションの味方です♪

f:id:thebeachchic:20170413172538j:image

そう。

この夏、私が提案したいのが、

水際ファッション

withビーチシックタオル

です。

 

焼きたくないからって、

長袖+レギンス=もじもじ君状態でハワイの海に行くのはいや。

(←エメラルドグリーンのビーチに結構います^^;)

 

でも、たまのビーチ、

ママだって思い切り楽しみたい!!

そんなママさんにこそおすすめなのが、

ビーチシックタオルなんです。

 

その理由はこちら↓

 

パレオ巻きで、体型カバー。使い心地の良さもポイントです。

f:id:thebeachchic:20170416172813j:plain隠しすぎの私^^;

海やプールで遊んだあと、

ビーチシックタオルを、パレオのようにさっと腰に巻いて、体型カバーに。

 

普通のタオルでは、分厚くて巻けないし、

コットンタオルは、濡れたら終わり。

びしゃっとまとわりつくのは不快。

 

リゾートホテルで、何度もタオルを替えるのは、

裏を返せば、1枚のタオルでは足りないから。

 

ビーチシックタオルは、とても薄いマイクロファイバー生地だから、濡れても軽いし、風に吹かれて乾くので、さらさらの使い心地が何度でもよみがえります^^

だから、

ビーチシックタオルは、1枚あればじゅうぶんです。

 

✅ママの荷物が大幅減!

     ママ一人でも子連れビーチもラクチン。

f:id:thebeachchic:20170416172938j:plain←プールサイド

子連れプール、子連れビーチは、ママ大忙しです。

更衣室出る時には荷物抱えて、飛び出す子供の手をがしっと握り、

すでにエネルギー半減します^^;

 

ビーチシックタオルなら、何枚持ってもかさばらないから、荷物は大幅減。

かなりスマートにビーチチェアまでたどり着けます^^

遊んでる間、ビーチチェアにタオルをかけておけば、かなり目立つので迷子防止にも♪

 

ちなみに…

去年大流行したラウンドビーチタオルは、

インテリアにはよいけど、

ビーチで使うには覚悟がいる

と私は、認識しております。

 

私も持っていますが、どんなにまるめても、切り株サイズ^^;

切り株を小脇に抱えるのは、ひとつでも大変。

街暮らしの主婦には、年に1,2度しか使わないビーチタオルに、

クローゼットを占領されるのも困るので、

憧れであるけど現実的ではないなぁと感じております。

 

 

✅海で遊んだあとの片付けまでが、ママの仕事!

 砂を巻き込まず、洗濯量も、乾燥までの時間も減って、ストレスフリー!

f:id:thebeachchic:20170416174955p:plain

遊ぶだけ遊んで、

洋服に着替えた瞬間「おなかすいた」とかいう子供(=うちの子)、

いいよねぇ。。

 

ママなんて…帰ってからも、大量の濡れた水着とタオルのお洗濯が待っています。

帰って洗濯して、乾いたらとりこんで、しまう。

そこでようやく、イベントも終了です。

 

コットンタオルだと、ビーチの砂を巻き込み

はたき落とすだけでも一苦労ですが、

ビーチシックタオルは、

とてもフラットで密に編見込まれた生地でできているため、

砂を巻き込みにくいのも、大きな特徴のひとつ

パンパンっとはたくだけで、砂が落ちるから、お洗濯のストレスが軽減します。

 

また、たためばとてもコンパクトですから、

持ち運びだけでなく、使い終わったあとの収納でも、邪魔になりませんし、

普段のバスタイムで使えるようデザインしているので、クローゼットで眠ることなく、日々の生活でがんがん使える、

コスパ最高なビーチタオル

でもあります。

 

🌊まとめ

ハワイのビーチで、印象に残っている女性がいます。

スタイルのよい40代から50代、おそらくハワイ在住の日本人女性。

水着は、ブラックの超シンプルワンピース。

大きな麦わら帽子とサングラスが、似合っていて、

読書をしながら、中高生くらいの男の子が遊ぶのを眺めていたのです。

 

波打ち際で遊びすぎて、水着の中まで砂だらけになりながら、うっとりとあこがれたものです。

子供が中高生になっても、スマートに、ビーチに溶け込めるママでいたい。

それまではビーチシックタオルの力を借りて、

子供との海遊びを満喫したいなーと思っています。

 

www.thebeachchic.com