読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beach Chic Life Blog

ビーチタオル専門店ビーチシックのブログ

まさに、こんなところに日本人、中国でお見合いおばさんやってました

ビーチシックな日々

f:id:thebeachchic:20161218064202p:plain

完全プライベートなお話。

この数年、結婚式に出席する機会のない私でしたが、

久しぶりに結婚の報告が舞い込み、とてもうれしい^^

 

中国に住んでいる10歳以上年の離れた、妹のような友人なのですが、

晴れて、結婚が決まり、お式の日取りも決まったようです。

 

やったー、青島に行く理由ができたー!

と親子で喜んでいます^_^

 

中国の大学で語学の勉強をしていた頃、

日本語を勉強している彼女と出会ったのが縁で、

ずっと仲良くしていました。

 

私は、長女気質で、かつ大変おせっかいな人間なので、

遊びもおしゃれも知らない彼女に、

眉毛を整え、お化粧を教え、服をコーディネートし、

仕事も男も紹介してまいりました^^;

 

日本人の私が、

どうやって中国人の男を紹介するのかというと、

まわりのおばちゃんたちから、

おばちゃんの友達の子供、とか

おばちゃんの遠い親戚、とか

噂を聞いては、友人につなげるという感じです。

 

でもね、もともとが奥手でまじめな友人。

しかも日本のドラマで日本語を覚える一方、ドラマの影響か、

松潤やタッキーみたいなのが現れないと恋ができない模様(# ゚Д゚)

 

背が低いだの、口が臭いだの(確かにいやだけど)、共通の話題がないなど…

あれこれケチをつけては出会いをぶった切っていく彼女に業を煮やし、

「誰に会っても共通の話題がないってことは、相手じゃなくて、自分に何もないってことだよ」

なんて、今思えば超失礼なこと言ったりもしました^^;

 

お見合に同席までしたことも。

まさに、

「なんでこんなところに日本人」ですよね。

若者二人に、それぞれおばさん同席でお見合い。

おばさん2人があれこれしゃべって、若者に質問投げて、会話つなげて、

友人は私の中国語をフォローしてくれて…って逆なんですけど^^;

それも結局、写真ほどかっこよくなかった(まあ確かにそうだった)、大学出てないとかで、ダメでしたが。。

 

中国は、昔の日本と同じで、

家と家の結婚、親同士の結婚ともいえて、

学歴、出身地、家の有無(男性は家を持ってるのが大前提)などなど、条件が大事。

かつ、昔の日本の三高と一緒で、学歴、給料、背が高くないとだめ、とか。

 

さらに、

中国の三高には、男性が女性に求めるバージョンも存在します^^;

学歴、給料が高く、そして色が白いこと。

これが女性の三高です。

共働きの国ならでは、ですかね^^;

 

 そんな感じだったので、

日本に帰国した私は、遠く離れた妹を心配していたのですが、

彼氏が出来たとしばらく前に聞いて、もうここで決めろ!すべて受け入れろ!と日本から檄を飛ばしておりましたが、この度、無事に決まったと聞いて、ほっとすると同時に、久しぶりの結婚式、久しぶりの青島が、楽しみになっています。

 

中国では、結婚への周囲のプレッシャーも高く、また、一生を一人で生きていけるほどの自由はないので大変です。

だから奥手で、日本の少女マンガ脳な彼女が心配でいたのですが、結婚決まって本当に良かった!

ってこの押し売り感覚が、まさに中国の親戚みたいなのかも^^;