読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beach Chic Life Blog

ビーチタオル専門店ビーチシックのブログ

リゾートホテルにはタオルがあるから、わざわざ持っていく必要はない、と思っているあなたへ

ビーチシックな日々 ビーチシックタオルのこと ビーチタオル プレゼント リゾートホテル 海外旅行

f:id:thebeachchic:20161106153405j:plain

アラ還マダム、グアム旅行へ出発

母が今日からグアム旅行というので、母にあげたビーチシックタオル(ピンク)を忘れず持って行くように、そして、海やホテルのプールで使い心地を試してくるように、お願いしておきました。

チャンスがあれば、母親を使ってでも、実験に余念のないビーチシックです^^

 

リゾートホテルにタオルはあるし、と思っているあなたへ。

さて、ここまで読んで、

「ホテルにビーチタオルはあるし、荷物になるからわざわざわもっていかないでしょー」と思ってスルーしているあなた!

水着やリゾートウェアの準備には余念がないのに、

日本人には大きくて重すぎる、あのホテル備え付けのビーチタオルで、本当に満足??

 

私が、わざわざ自分で作ってまで売るようになった、ビーチシックタオル。

それはハワイが好きで、旅行が好きで、自分が使っていて本当に便利だから。

今日は、その「リゾート旅にビーチシックタオルが便利な理由」を3つ、挙げたいと思います。

リゾートにビーチシックタオルが必要な理由①ー体型カバー

f:id:thebeachchic:20161106101411j:plain

薄くて軽いビーチシックタオルは、

パレオみたいに腰に巻けるから、体型カバーにも使えるんです。

 

プールから上がって、デッキチェアでカクテル飲んで一休み、なんて時は、

まずはビーチシックタオルを腰に巻いて!すぐに!!

 

ビキニのまま、陸で過ごす勇気のないアラフォーの私は、

ビーチシックタオルを巻いてるだけで、安心感半端なく^ ^

この写真だって、タオル巻かずにビキニ姿でなんて、とても載せられるものでなく^^;

デッキチェアにごんとくつろぐ時、お腹やお尻を気にすることなく、読書やお昼寝に没頭できるから、バカンスもより楽しめるというもの。

 

確かに、みなさんホテルのビーチタオル使ってます。ホテルのサービスだし、洗わなくていいからラクチン、と私も思ってましたけど、ビーチシックタオルなら、たたむとビキニと同じくらいコンパクトですから、日本から持って行ってもかさばりません!

体型カバーに着るものを持っていくくらいなら、ビーチシックタオル1枚あれば、体型カバーも兼ねるので、一石二鳥なんです^^

 

リゾートにビーチシックタオルが必要な理由②ー機内用ブランケットに◎

さらに、かさばらないという点から、お荷物になるどころか、機内持ち込みするバッグに入れていけば、機内用ブランケットとしても使えるんです^ ^

特にLCCはブランケット有料ですから、ビーチシックタオルは機内必須アイテムなんです。

昔、ハワイへ行く機内がとっても寒くて、ブランケットを2枚もらっても足りず、行きの機内で風邪をひいて残念なことがありました。

寒いのを我慢する数時間は…つらかった;;

あれ以来、かさばってもいいからと機内には必ず、ブランケット用にストールを持ち込むようになりました。

でも、このタオルを知ってからは、ビーチでも使えるし、機内でも使えるし、かつバッグに入れても邪魔にならないコンパクトサイズなので、必ず機内持ち込みしています。

 

リゾートにビーチシックタオルが必要な理由③ー風に吹かれているうちにすぐ乾くから、いつまでも使い心地が変わらず、気持ちいい

f:id:thebeachchic:20161106171627j:plain

 

ただでさえ重いホテルのビーチタオルは、

水を吸うとびっちょりと体にのしかかります。あの感触…いやですよね。

取り替えてもらえばいいじゃない?と思うけど、いくらサービスだからって、何度も代えてもらうのは、エコじゃないなーって心苦しくなります。自分のバカンスさえよければいいのかーって。

 

ビーチシックタオルなら、薄くて速乾性にすぐれたマイクロファイバー生地でできていますから、水から上がって水分をふき取って、体に巻いて。

デッキチェアでカクテルでも飲み終わる頃には、タオルも乾き始めてることに、あなたは気づくでしょう。

そして、また遊んでいる間は、写真のように木にひっかけておけば、使う頃には乾いている…という好循環を一日中、何度でも♪

 

まとめ:どう考えても、おすすめできない理由は見つからない^^

ある日、ハワイの「天国の海」と呼ばれる沖まで、ボートで出かけたときのこと。

突然の雨に降られ、このタオルをかぶって雨と寒さをしのいでいました。かなり寒かったけれど、防寒具合は、分厚いコットンタオルと変わらないなと思いました。

そして、雨が上がり、日が出てきたので、タオルをボートにくくりつけて、360°見渡す限り海!の天国の海で思い切り遊んで、ボートに上がった時、雨に濡れたタオルがすでに乾いていたのです!

海では風が強いですから、遊んでいる間に本当に乾いてしまうのです。

 

この時の体験が、私の中で印象深く残っているのです。

だって、この後も、何度も雨が降ったりやんだり、そのたびにタオルが濡れても乾いて、何度でも使えるその心地よさ。

コットンのビーチタオルは、一度濡れてしまうとなかなか乾かないので、本当に感動しました。

 

この体験のあとも、1枚のタオルをただひたすらビーチで使いまくって、そうして、ある時、「日本にないなら、自分で作ろう!」と思いいたるわけです^^

 

ビーチシックタオルは、海だけでなく、山でも、街でも、おうちでも使える便利なタオルですが、原点としては、海やプールで使うビーチタオルとしての、その使い勝手の良さが忘れられず、こうして語ると止まらなくなってしまうわけですね^^;

 

7歳の孫も、アラフォーの娘も、アラ環の母も、みんなが使える便利なタオル♡

海へリゾートへ旅する方に、この使い心地を体験してほしいと思っています。

 

www.thebeachchic.com