Beach Chic Life Blog

ビーチタオル専門店ビーチシックのブログ

中国で私を支えてくれる、頼もしい助っ人をご紹介します!

f:id:thebeachchic:20161021115722p:plain

日本に帰国して、もうすぐ1年経ちます。

季節が変わるごとに、かつて住んでいた青島が懐かしくなります。

青島の冬は氷点下が続くような寒い地域ですが、家中に床暖房が効いているので、自宅は最高に居心地よかったです。

空気が悪くて視界がグレーににごる日は、息子の送迎以外家から出ず、食材はネットか電話で注文したらもってきてくれ、アイさん(お手伝いさん)が掃除して、おいしいごはんも作ってくれるので、私は中国茶を飲んでネットショッピング…今思えば、主婦とは思えない自堕落な生活送ってました^^;

一応、それだけではなかったですけどね。。そんな日も多かったという。

 

さて、私が青島から離れて久しいですが、青島には、私の頼もしい助っ人がおりまして、今日はその助っ人について紹介したいと思います。

 

中国の強力な助っ人が、ビーチシックタオルを支えています

このビーチシックタオルは、業者などは一切通さず、自分で開拓した現地工場と直接やり取りしているのが自慢(?)でもあり、裏っ返せば、苦労の大半もそこにあります^^;

直接やり取りするから、コストを抑えられるし、融通も利くんですね。

まだ、日本ではメジャーではない、このタオルの良さを広めるためには、なるべく価格をおさえて、提供したいという思いがあるので、自力でやっております。

とはいえ、私一人でローカルの人たちと渡り合うなんて、やっぱりとっても難しい話でして、そこをサポートしてくれるのが、ジャンウェイという地元の女性です^^

 

 ある事件を通して、ジャンウェイとの絆が生まれました。

彼女は、私より2歳年下、うちの青島の会社で会計として入社し、働いています。

かつては、二人三脚で会計管理をしてきました。

語ると長くなるので省略しますが、ある日、彼女が工場長の不正を発見し、警察沙汰にまでなった大事件がありまして。不正を証明し、工場長を追い出し、取られたお金を回収できたのも、彼女がいたから。

(不正を認めても、お金をもらうまで辞めない、というのが成り立つ、そのメンタルと、中国の労働法がすごいですよね!?)

誰におどされても、罵倒されても、間違いは間違いとして指摘する彼女。

その正義感と根性はすごすぎて、むしろ不器用なほど。

見ている私が、ハラハラするくらい。

しかし、この経験を通じて、お互いの信頼関係を築くことができました。

母親として妻としての悩みも一緒で、つたない言葉で愚痴ったり、励ましたり。

f:id:thebeachchic:20161021165315p:plain

※写真送って!と頼んだら、数年前のやせてる頃の写真を送ってきた彼女^^

年下だけど、お母さんのようなお姉さんのような、頼もしい存在です。

 経験も語学力も足りない私がやれるのも、彼女がいるからこそ

 もちろん、基本的には、私が業者や工場とやり取りをするのですが、込み入ったトラブルの際には、どう対応すればいいか、中国人目線でアドバイスしてくれたり、私の中国語だとなめられそうだな…という時には、びしっと話をつけてくれたり。

日本人だけだと、高くふっかけられたり、言いくるめられたりしてしまうリスクがあるうえ、私自身も、どこまで強気でいったらいいのか、どこで妥協したらいいのか、その経験値が浅いため、アドバイスもらって決断に活かしています。

日本人で、経験も語学力も足りない、しかも私単独で始めたこと。

根性のない私でも続けてこれたのは、実務だけでなく、心の支えにもなってくれる強力な助っ人がいるからにほかなりません。

ちなみに、彼女は私の少ない言葉から、意味を読み取ってくれるので、私たちの交流に問題はありません^^

 

また、彼女も、私と仕事をすることで、今までにない視点で物事を見ることができるようになったと言ってくれています。

確かに、野生動物のように喧嘩っぱやい彼女、泣いたり怒ったりも激しくて、私くらいしか相手してないかも。みんな怒って離れていくからね^^;

相互に影響を与えあいながら、仕事を大きくしていけたらいいなと思っています。

 

おわりに

f:id:thebeachchic:20161021181846p:plain

彼女とは本当に不思議な関係で、私が彼女を泣かせたり、彼女が私のことをブチ切れさせたりしながらも、仲良しなんです(笑)

こうしてビーチシックタオルにまつわる話を、ブログに書いていると、自然とネタが浮かんできて、と同時に、ジャンウェイにも改めて感謝の気持ちがわいてきます。

ジャンウェイの手綱を引いていたつもりの私ですが、私は短気で根気がないので、彼女になだめられたことも数知れず、私も同じ野生動物だったか。。

 

今はなかなか会うことができませんが、いつか青島に行ったときには、数年前のジャンウェイでなく、リアルなジャンウェイのもっとパワフルな様子をお見せしたいと思います^^

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::

現地の強力なパートナーと作った、

リーズナブルで、機能性抜群のビーチシックタオルです♡

www.thebeachchic.com