Beach Chic Life Blog

ビーチタオル専門店ビーチシックのブログ

改めて自己紹介(改訂版)

f:id:thebeachchic:20160903030223j:plain

はじめまして、ビーチシックの山口裕美子です。
タオルを作って売ろうと思い立ってからちょうど2年、
ビーチシックタオルを販売開始してから一か月たちました。
 
今は表立った宣伝をしていないので、オーダーが入って大変!なんてことはないですが、
一応毎日見ているオーダー管理ページに、友人からのサプライズオーダーがちょこちょこと^^ さりげない応援に感謝しながら、発送作業に励んでいます。
 
さて、そんな友人たちでも、私の話で聞いていたのと、実際にタオルを手に取ってみるのとでは、イメージしてるものが違うようで(思っていたより全然いいね!という良い意味でのギャップが大きい)、そのギャップを埋めるための場として、このブログをはじめようと思いました。

ビーチシックタオルがどうしてそんなに便利なのか、どうやって使ったらいいのかをはじめ、日々の活動や、タオルやビーチリゾートに関する最トレンドなども紹介していきます。
 
 
第一回目の今日は、このビーチシックを初めて訪れる方に向けて、
どんな人が作っているのか、自己紹介から。
 
私は、千葉県在住、小学生の息子が一人います。
つい最近まで夫の赴任先である中国の青島という街に4年半住んでいました。
空気が悪いことを除けば、とても暮らしやすく、中国での生活を楽しんでいたので、今でもたまにホームシックになります^^
 
さて、このタオルを作って売ろう!と2年前の夏、ハワイのカイルアビーチで突如思い立った私ですが、経験は全くありませんでしたから、ゼロからのスタートです。
 
私は、大学卒業後、出版社に就職。食のトレンドを発信する編集部に、社員は新卒の私一人…だから編集から営業、総務の雑用まで、なんでもやっていました。雑誌を作る人になりたい!という気持ちで就職しましたが、ひとつの雑誌を世に出すために存在する、編集以外の仕事を知ることがいい経験となりました。
 
その後、料理研究家のマネージャーに転職。外食トレンドを追う生活から、手作りの料理やお菓子のおいしさ、大切さに方向転換、当時カリスマ主婦として人気だった先生の取材対応、お菓子の撮影、道具の商品開発、イベント等、携わってきました。
そうそう、このころ、先生のお菓子の通販を担当したこともありました。
ネットショップの経験、ありましたね。ただし、当時は人気がありすぎて、即完売だったため、今みたいに「どう売るか」という心配がなかったので、あまり参考にならないです^^;
 
結婚してからも、朝から晩まで、24時間マネージャーモードでしたが、ある日、先生が政治家へ転身したのを機に退職、今でいう妊活をし、31歳で出産。息子が2歳のころ、夫の仕事の都合で中国へ。
 
最初の1~2年は中国語の勉強と、中国での慣れない子育てに忙しい毎日でした。
(幼稚園の連絡帳が中国語だから読んで返事書くだけでいっぱいいっぱい・・・)
逆に3年過ぎるころには、慣れて時間を持て余し(幼稚園は朝7時に出て夕方5時まで。お手伝いさんもいるから、本当に暇・・・)、夫の仕事を少しずつ手伝うように。
 
そこでは、海外で仕事をする面白さと大変さを同時に学ぶ、いい機会でした。
この段階を経ていたから、タオルを作ろう!と思うことができたのだと思います。
 
もともとは、マスコミの世界で、食にまつわる仕事をしてきたので、一見すると畑違いではありますが、モノづくり、という点では過程は同じですし、他所にはないモノを発信する時のわくわくする気持ちは、今も変わらない私の仕事のスタンスです。
 
これからこのブログを通じて、The Beach Chicを身近に感じていただくとともに、便利かつ使うのが楽しくなるタオルをもっとたくさんの人に実感してもらえるようになればいいなと願っています。